『新しい日常』へのシンプルなアプローチ

変化の大きな時代、健在化する様々な問題に対して『新しい日常』につながるヒント(⁈)を共有します

『新しい日常』必要なリスク⁈欧州のエネルギー高騰【脱炭素社会に向けて】

欧州で天然ガス価格が年初来で6倍に。

最近ニュースの中でエネルギー価格が高騰するニュースを聞かない日はありません。NY原油価格が1バレル80ドルを超え、日本でもその影響により電気やガソリンの価格は上昇傾向。

この背景には、ワクチン接種の普及により、欧米の経済が急回復しエネルギー需要が高まってきていることに加え、脱炭素社会への動きが本格化したことも影響している様です。果たしてエネルギー価格の高騰は一時的な話で済むのか⁈中期的な物価高によるインフレも懸念されてきております。

【参考】モーニングサテライト 欧州で天然ガス急騰、金融政策への影響は?【プロの眼】ニッセイ基礎研究所 伊藤さゆりさん(欧州経済に詳しいエコノミスト)(2021年10月15日放送)

本記事では、欧州の脱炭素社会に対する姿勢がよく分かるニュースがあったので、それをベースにそこから学べると思ったことを共有したいと思います。結論としては【まとめ】にも記しましたが「前進するためには必要(適正)なリスクを取ることが大切」です。

 

―目次―

 

|欧州における天然ガス価格の急騰

f:id:zuoji319:20211102210658p:plain

なぜ⁈ 欧州の天然ガス価格が年初来で6倍に

以下、ニュースからのポイントをピックアップ

  • 化石燃料の価格の高騰が世界的に広がっている
  • 欧州では天然ガスの急騰に注目が集まっている
  • 欧州の天然ガスは今年7月頃から急上昇しており、現在年初から6倍にまで価格が高騰
  • 需給両面で色々な要因が働いているが、ヨーロッパ固有の要因として近年急拡大した風力発電の発電量が低下がある(天候要因によるもの)
  • EUの電源構成比(2020年生産に占める割合)として再生可能エネルギーの比率は高い(近年の風力発電普及が押し上げ)
  • 発電量の低下分を何で補うか?CO2排出量が高い石炭を回避すべく、天然ガスの使用量を増やさざるを得ない
  • 天然ガスの価格高騰は家計や企業を直撃している
  • その理由は、ヨーロッパの電力市場の卸売価格が最も価格の高いエネルギーによって決まるという仕組みがあるため
  • EUはこのエネルギー危機対策として、緊急所得支援と限定的な減税(家計の支援)、また天然ガス共同購入の検討(EUの交渉力を使う)を進めるも、直接的に価格を押し下げる効果はなし
  • 苦しいのはこれから冬にかけての需要期に入ることであり、春になれば落ち着くと想定しつつも、中期的なエネルギーの上昇圧力が続くことに対してのECBも警戒を強めている

|それでも再生可能エネルギーへのシフトを推し進めるEU

f:id:zuoji319:20211102210838p:plain

本質的な問題は『地球温暖化』と考えるEU

以下、ニュースのポイントをピックアップ

  • 温暖化対策、脱炭素にむかった結果がエネルギー価格の上昇としてクビをしめている様な状況であるが、この状況を解決するためには更に脱炭素(再生可能エネルギーのシフト)に進むべきと考えている
  • 気候変動自体が今の問題を引き起こしているという認識もあるし、今の再生可能エネルギーの不安定性の問題というのは、技術進歩、例えば蓄電池の強化とかで改善されるという基本認識がある
  • それが実現するならばエネルギーのクリーン化も進むしEUにとって経済安全保障上の最大の懸念(ロシアの化石燃料に依存するという問題)も解消に向かう
  • ヨーロッパ圏内では原子力発電に関しても賛否あり、推進派のフランスと脱原発のドイツと賛否分かれるが、その原発にもある程度依存しなければならないことも認識されつつある
  • 今回の事態で脱炭素化への方針自体は変わらないが、やはりそのプロセスではそれなりの痛みを伴うことが明らかになった

|まとめ

前進するためには必要(適正)なリスクを取ることが大切

世界が脱炭素社会へ大きく動き出した今、欧州に限らず、そのプロセスでは様々な問題を解決していく必要がある。現在COP26も開催されてますが、各国がそれぞれ状況に応じて取るべきリスクを見積もりながらゴールに向けて難しい課題を乗り越え前進しようとしていると感じます。

www3.nhk.or.jp

世の中が大きく変化する中で、各個人においても、自分も変わる、もしくは変化に柔軟に対応できる様になるために「適正なリスク」を取って行動するが大切になると考えます。

ノーリスクでは得るモノは小さく、かといってリスクが大きすぎれば大事故や大惨事となる可能性が出てきます。無理をすればいいということではありません。

リスクというと回避するものと考えがちですが、自分の人生をよりよいものに変えていくためにも、リスクと取るか取らないかではなく、自分に合った、自分が受け入れられる「適正なリスク」についてよく考え行動を起こすことが『新しい日常』をより良いものにしていくためのポイントではと考えます。

以上

 

最後までご覧頂きありがとうございます

↓ポチっとして頂けたらうれしいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

 

<関連情報へのリンク>

↓『適正リスク』について考えるのに参考になる動画

youtu.be

www.wisdom-tolive-positively.com

www.wisdom-tolive-positively.com

www.wisdom-tolive-positively.com

www.wisdom-tolive-positively.com

www.wisdom-tolive-positively.com

www.wisdom-tolive-positively.com

oyaji-note.com

www.wisdom-tolive-positively.com