『新しい日常』へのシンプルなアプローチ

変化の大きな時代、健在化する様々な問題に対して『新しい日常』につながるヒント(⁈)を共有します

『新しい日常』潮の流れも新エネルギーに⁈潮力発電【脱炭素社会】

気候変動の潮流を変えうる再生エネルギーのタービンだ

イギリスのウィリアム王子も注目する海に浮かぶ黄色い物体『O2(オーツ―)』潮の流れを利用した発電施設である。王子が潮力発電にかけた表現で称賛、国を挙げて推進するその理由はなぜか?

【参考】モーニングサテライト(テレビ東京)”欧州グリーン革命 王子も注目する新エネルギー”(2021年9月22日放送)

脱炭素社会に向け動き出した世界で、イギリスが推進する潮力発電とはどんなものか?『新しい日常』を担う “新エネルギー” の一つの可能性として、その内容を共有したく。

 

―目次―

 

潮力発電施設『O2(オーツ―)』(オービタル・マリンパワー社製)

f:id:zuoji319:20210926075753j:plain

英国が先導!新たなグリーン技術『潮力発電』

イギリスはスコットランドの最北の地にあるオークニー諸島

人口およそ2万2千人、70の小さな島で構成されている。風力発電などが盛んで、イギリスの新エネルギーを象徴する場所にもなっているという。

その周辺の海で2021年7月に稼働を始めたのが全長73m、海に浮かぶ潮力発電施設O2(オーツ―)。潮の流れが速いこの海の特性を活かした発電施設である。

海中にある羽が潮の流れをとらえエネルギーに変えていく潮の流れに対して羽の向きが自動で追従し効率的に発電が可能

O2(オーツ―)の出力は2MW(メガワット)であり、およそ2000世帯の電力を賄うことができる、世界最大級の潮力発電タービン。

この潮力発電施設のメリットとしては以下が挙げられる。

  • 浮体式なので海中に沈む施設と違って普通の商業船でもメンテナンス作業ができて維持費を安く抑えることができる
  • 発電所の司令塔、O2のコントロールセンターから、海の上に人を置くことなく遠隔操作で全てチェックができる
  • また、潮力発電に利用する潮の流れは太陽と月の動きによるもの(潮の満ち引き)であり、発電量の予測がしやすいため、風力や太陽光など他の再生可能エネルギーより生み出される電力が安定する

O2(オーツ―)』を展開するオービタル・マリンパワー社はヨーロッパの潮力発電推進事業の先導役となっている。

orbitalmarine.com

潮力発電の今後

ヨーロッパの潮力発電を引っ張るオークニー諸島には、海のエネルギーに特化した研究施設まである。欧州海洋エネルギーセンター、潮力と波力の研究施設であり、フランス、スペイン、オランダ、シンガポール、オーストラリア、カナダ、など世界各国が参画、現在いくつかの潮力発電などのテストを推進中。

潮力など海洋エネルギーは2050年に世界の10%の電力を賄う(Marine Power Systems 試算)ともされ、意外にもエネルギー源としての規模は大きい。イギリスは特に力を入れていて国の電力需要の20%を海のエネルギーで賄おうとういう計画もあるという。

新たなグリーン技術、潮力発電。日本でも長崎県五島列島周辺)と良好な関係を築き、潮力発電の技術開発に向け計画が進んでいるとのこと。

オークニー諸島では、この再エネルギーで余った電力を水素エネルギーに替えて貯蔵するという更に一歩進んだ研究も進められているという。スコットランドはもともと北海油田原油)で潤っていた。「これから先の将来を見据えた結論」として積極的な再生エネルギーへの展開という動きにつながっている。

まとめ

脱炭素社会実現に向け重要な位置づけであるエネルギー問題。イギリスが世界をリードする潮力発電が、太陽光発電風力発電と並ぶ新しい再生可能エネルギーとしての地位を得るのか?2050年へのカーボンニュートラルに向けた課題は多い中、その解決策となる選択肢が増えるというのはうれしい情報である。

海に囲まれた島国という特徴が似ている日本の『新しい日常』においても活かされる可能性を秘めた新エネルギーとして期待したい。

以上

 

最後までご覧頂きありがとうございます

↓ポチっとして頂けたらうれしいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

 

<関連情報へのリンク>

www.wisdom-tolive-positively.com

www.wisdom-tolive-positively.com

www.wisdom-tolive-positively.com

www.wisdom-tolive-positively.com

www.wisdom-tolive-positively.com

www.wisdom-tolive-positively.com

www.wisdom-tolive-positively.com