『新しい日常』へのシンプルなアプローチ

変化の大きな時代、健在化する様々な問題に対して『新しい日常』につながるヒント(⁈)を共有します

『新しい日常』モバイルモニターでデュアルモニター【働き方の変革】

一つより二つがいい(デュアル=2つ)

パソコンで作業をする時にモニターが一つであると不便な時がある。

ウェブ検索画面、ワードやエクセル画面、YouTube動画、各種アプリケーション(MindMeister, WordPress)等、複数のウィンドウを開いて作業する時に、1つのモニターでは一回一回切り替えたり、ウィンドウのサイズを小さくして並べてみたり。

最近はテレワークの機会が多いので、どこでも持ち運べ作業ができることが利点である「ノートパソコン」を使うことが増えた。デスクトップパソコンと比べてモニター(ディスプレイ)サイズが小さめということが上述の作業の不便さを助長しているかも知れない。

ふと「モニターが二つあればいい」と思い、できればこのテレワークのご時世「持ち運べる方が尚いいのでは?」と思い調べたら『モバイルモニター』(※ポータブルモニターやモバイルディスプレイとも呼ばれる)なるモノが見つかった(間もなく購入に至る)。

本記事では小生が購入した『モバイルモニター』に関して紹介する。

 

―目次―

 

『モバイルモニター』で快適になったPC作業環境

f:id:zuoji319:20211016235129p:plain

デュアルモニターwithモバイルモニター 紹介

パッと見て頂き一番重要な点は、モバイルモニターがノートパソコンとUSBタイプC(USB Type-C)のケーブル接続でシンプルに使用できること(モバイル製品はシンプルに使えるのが一番)。

モバイルモニターの選定でどれがよいか調べる段階で、「USBタイプCの接続で簡単につなげて使用できます」と説明された後に “ごにょごにょ” 注釈があり「パソコン側のUSBタイプC端子が電源供給としても使えるか?メーカーにて仕様をお問合せ下さい」とあったのが気になった。

  • USB3.1 Gen2 Type-Cケーブルで接続することにより、映像出力と給電がケーブル1本で行われます
  • Type-C端子がオルタネートモードに対応している必要

小生が使用しているノートパソコンはMaicrosoft製。一度この件に関してサポートセンターに問合せ(電話)してみたが「ご購入の製品のシリアルナンバーを入力してください」とか「Q&Aをちゃんと確認しているか」とか聞かれ、イライラしているところにダメ押しで「有料サービスがあるのでそれを利用しますか」ときたので諦めて電話を切ってしまった。

そこでノートパソコン側のUSBタイプC端子がモバイルモニターで必要とする機能を満たしているかどうか確認できないまま「エイ、ヤー」で購入に至る。最悪はケーブルのタコ足配線で使えるだろうと覚悟した上であったが、結果としてケーブル一本で繋ぐことでデュアルモニターにて作業できることに

デュアルモニターによるPC作業は想像していた通りに快適。“今まで面倒な作業”が改善したことを感じるのに時間はかからず。モニターを2つにしたからといって、生産性が倍になることはないが、気分的な心地よさは2倍以上。

メリットと感じる心地よくなった具体的な作業例としては、

  • 学び系のYouTube動画を観ながらワードやエクセルで作業
  • ワードで下書きした原稿をWordPress(ブログ)に移す作業
  • MindMeister(マインドマイスター)で頭の整理をした内容を基にワードやパワーポイントに書き起こす作業
  • Wordやエクセルを組み合わせて2つのファイルでする作業

今まで一回一回画面を切り替えてしていた作業や、狭い画面に2画面を表示させていた作業(画面上の文字が小さくなると老眼には辛く、大きくする全体像として捉えにくい)が改善。

文字を小さくせずに一視野で目に入る情報が増える」というのは実際の作業性だけでなく、気分的にいいですね。

デメリットとして感じることは特になし。但し、まだ不慣れであることから「違和感」として感じる点はいくつかあり。

  • パソコンの画面が横に広がることにより増えたマウスの移動量
  • マウスがどこにあるのか(どちらのモニターにあるのか)見失いがち(特に境界線付近にて)
  • モニター毎に、画面のサイズや表示の質が微妙に変わる。(微妙に違うだけで画質自体はOKレベル)

他に

  • もともと持ち運ぶことも想定していたが、実際にカバンに入れてみると、運べないこともないが、やっぱり重いと感じる ⇒ 基本的には家の中での使用をメインとすることに

「だったら普通の大きなモニターの方がいいのでは?」という声があがりそうであるが、コロナ禍、緊急事態宣言等で子どもがオンライン授業(分散登校等)になる場合には家族皆在宅となることもあり。優先的に子どもに環境の良い作業場がとられるため、家の中での移動できることも必須。その点で「モバイル」という特徴は個人的にはメリットである。

モバイルモニター(EVICIV製 13.3インチ)を選んだ理由

Amazonランキングに「ディスプレイの売れ筋ランキング」があり、見てみたところ、一般的なディスプレイが上位を占める中、モバイルモニターがいくつかランクインされていた(2021年10月4日現在)。

  • 3位 EVICIV製 15.6インチ
  • 18位 NORSMIC製 モバイルモニター 15.6インチ
  • 23位 I-O DATA製 モバイルモニター 15.6インチ
  • 37位 EVICIV製 13.3インチ
  • 50位までに他のモバイルモニターなし

購入目的が持ち運びやすい(少しでも軽い方がいい)、また自前のノートパソコンと同じ程度の画面サイズがいい、と考えていたことから、EVICIV製(13.3インチ)のモバイルモニターを選定。

  • メーカー:EVICIV製
  • モニター種:モバイルモニター
  • 画面サイズ:13.3インチ
  • 本体重さ:約624g
  • 価格:18,980円(3000円クーポンが使用でき15,980円に)

USBタイプCの端子位置の相性(ノートパソコン左側、モバイルモニター右側)もよし(たまたま?)

購入前、Amazon等に載っている情報でよくわからなかったのが「付属のモニターカバー」。思ったよりも薄い板で覆われており、例えるなら、海苔が巻いてあるおかきの糊みたい。モニターの背面側上部が軽い磁力で接着しており、カバー自体がモニターのスタンドにもなる、よくできている感じ。

ノートパソコンはMicrosoftSurface Laptop3

小生が使用しているノートパソコンは

  • メーカー:Microsoft
  • ノートパソコン種:Surface Laptop3
  • 画面サイズ:13.5インチ(スクリーン縦横比 3:2)
  • 本体重さ:1,288g
  • 価格:151,580円(2020年1月 大手家電量販店Yで購入)

※現在の同シリーズの最新製品はLaptop4、またLaptop2まではUSBタイプCの端子は無し

上記、Microsoftの問合せに対する対応は残念であったが「MicrosoftSurface Laptop3」は今まで使ってきたノートパソコンの中では一番のお気に入り。

画面の縦横比が3:2であるのがお気に入りの理由の一つ。モニターは新しいモノになるとフルハイビジョン規格に合わせた16:9の横長な画面であることが多いが、実際のモニター上での作業は上下に画面をスクロール(動かす)する作業が多いため縦の比率が大きい方が使いやすい。

USBタイプC(USB Type-C)がEUの標準に⁈

電子機器に使用されるケーブルのコネクタの一種である「USBタイプC(USB Type-C)」。あまり認識ない方も多いかも知れませんが直近以下のニュースを耳にしました。

 

EU スマホの充電器端子「USBタイプC」に規格統一へ(2021年9月24日 6時52分)

【出典】NHKニュース

www3.nhk.or.jp

EUヨーロッパ連合は域内で販売されるスマートフォンなどの充電器の端子について廃棄物を減らすため「USBタイプC」と呼ばれる規格に統一する方針を発表しました。

(中略)

EU規格の統一によって年間2億5000万ユーロ、日本円で320億円余りを節約でき、年間およそ1000トンの廃棄物の削減につながるとしています。法案が成立すれば業界が対応できるよう2年間の移行期間が設けられます。”

プラスチック等を含む廃棄物を減らす(有限な資源を大切に使う)ためという視点がEUらしさを感じるニュース。

確かに電子機器毎に規格の異なるモノ(充電器系の周辺機器等)を消費者側が揃えないといけないというのは資源ロスと言えるかも知れない。大手家電量販店等で並ぶ充電器系の周辺機器群を見ると「資源ロス」感は想像に難くない。また消費者側にとっても、統一されることで電子機器のメーカーにかかわりなく同じ規格の充電器系の周辺機器が使えるのは便利である。(独自の規格を持つアップルの反論は気になるが・・・)。

まとめ

デュアルモニター(2つの画面)でパソコン作業を快適に。

本記事では、実際に購入してみて分かった事を中心に「モバイルモニター」(※ポータブルモニターやモバイルディスプレイとも呼ばれる)を紹介。

2つの画面で生産性は2倍とまではいかないが、快適な作業環境による小さなストレスの多くが解消できたことから満足のいく選択であった。

新しい日常』において、これから定着すると思われる “テレワーク” でのノートパソコンの作業を快適にする上で、「モバイルモニター」を検討される方の参考になればうれしいです。

以上

 

最後までご覧頂きありがとうございます

↓ポチっとして頂けたらうれしいです

日本ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

 

<関連情報へのリンク>

www.wisdom-tolive-positively.com

www.wisdom-tolive-positively.com

お詫び

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

昨日から下記理由(経緯)により、リンク不良等でご迷惑をお掛けしているかも知れません。現在、全ての記事を見直し、内部リンク等不備が無いか確認し修正を進めている次第です。ご不便お掛けしている方におきましては大変申し訳ございません。深く反省し、以後気を付けて参りたいと思います。

今後とも引き続きご支援賜りたく宜しくお願いします。

<経緯>

  • 10月15日午後、記事のカテゴリー分類作業を実施
  • ブログ内の記事数が増えきたため、記事を内容を分類した方がわかりやすく、読者の皆さんにとっても自分にとっても良いのでは?と考えてのこと
  • 一記事一記事、カテゴリー分類の設定作業をしていく中で、記事のカスタムURL(パーマリンク)に不備がある記事(ローマ字でなく日本語が混ざったりしているモノ等)が見つかる
  • 折角の機会だからと考えてしまい、不備があるカスタムURL(パーマリンク)だけでなく、URLのネーミングで気になったカスタムURL(パーマリンク)を手当たり次第に修正
  • 結果、記事内で内部リンクがつながらないものが多数発生
  • また、カスタムURL更新に伴い、記事自体が新しいURLに更新されたため、皆様から今まで頂いたスターやはてなブックマークもリセットされる記事も発生する事態

今まで皆さまから頂いたスターやはてなブックマークを消してしまうことになり本当にすみませんでした。ブログはリライト可能であることが大きな特徴の一つではあるが “カスタムURL(パーマリンク には注意ししなければならないということを、身をもって痛感しました。

今回の件を深く反省し、同様のミスを起こさず、しっかりとしたブログ運営ができるよう様、精進してまいりたいと思います。

正直自分もショックでかなり凹んでおりますが、めげずに頑張りたいと思います。

今後とも引き続きご支援いただきたく宜しくお願いします。

以上

さきち

『新しい日常』週休3日制で学び直し⁈【働き方の変革】

塩野義、週休3日可能に 「学び直し」支援、副業も解禁

少し前の日経新聞に載っていた記事である。興味深く感じた。

日本政府が6月に閣議決定した「骨太の方針(2021)」の中で多様な働き方実現の一つの手段として“企業による選択的週休3日制の導入推進”が盛り込まれている。

必ずしも骨太の方針に盛り込まれているからという訳ではないと思うが、少なくとも新型コロナを機にテレワークが進んだ様に、今後各社における「働き方の変革」が進むスピードは加速していくと考える。

【参考】日経新聞 総合2 塩野義、週休3日可能に(2021年9月22日朝刊)

新しい日常』において「働き方」がどの様に変わっていくのか? 今回の日経新聞の記事をもとに深掘りしていきたい。

 

―目次―

 

週休3日制の目的は各社さまざま

f:id:zuoji319:20211009233347p:plain

週休3日制の目的もさまざま

図に示した通り、現状で会社が週休3日制を導入する目的は大きく3つ。

一つ目は、育児や介護、看護を行うことを支援するため。

少子高齢化社会という問題を抱える日本。その問題解決の一つの手段として企業は「柔軟な働き方ができる環境」を提供しており、その一つが週休3日制。ヤフーや日本KFCホールディングス等がこの目的で展開している。

二つ目は、時短による生産性の向上を図るため。

ダラダラ時間をかけるのではなく「生産性」「効率性」を上げることで短時間でも同等のOutputが得られる、という視点で働き方が改善できると期待。仕事に関係する業界や職種依存も大きいと思われる。英ユニリーバは2020年12月からニュージーランドで、給与は据え置いて時短による生産性向上を狙うテストを始めているとのこと。

三つ目は、学び直し(リスキリング)による社員のスキルや人脈づくりを促進するため。

みずほフィナンシャルグループも2020年12月から週休3日や4日で働ける制度を始め、資格取得などに活用されている事例ができているとのこと。塩野義製薬の様に同時に副業を解禁するケースも少なくなく、小生が勤めていた会社でも数年前ぐらい前から、名目は副業を通して学ぶ知見やスキルが本業に活かせることを期待する、とのことで副業を許可する仕組みを社内で構築中であった。

塩野義製薬の週休3日制の概要は以下の通り。

  • 希望者を募って22年4月から運用を開始
  • 研究部門や工場勤務、全社員の7割(約4,000人)が対象
  • 入社3年未満の社員とマネージャー等管理職は対象外
  • 土日に希望する特定の曜日を休みに設定可
  • 給与は週休2日の場合の8割に下がる
  • 大学院でのリスキリング(学び直し)などを想定
  • リスキリングには費用を年間で最大25万円補助あり
  • 同時に副業も解禁
  • 1年ごとに申請し直すことが可能
  • 介護や育児といった理由での利用可

製薬業界では人口知能(AI)など先端技術を駆使した創薬や、デジタル技術を持つスタートアップと連携したアプリや機器の開発が潮流となっている。海外勢に対して遅れている、社員のIT(情報技術)スキル向上や、新規ビジネス創出につながる経験を補うべく、知見の吸収や外部の人脈づくりに使える時間をつくり、組織全体のイノベーションを高めるのが目的としている。

とあるが、従来日本企業では、社内で必要な知識やスキルを「社内教育」という独自の形で秘伝のノウハウとした教育をしてきた、と考えていたが世の中の技術革新のスピードが速くなる背景もありその体制にも限界がきているのでは、と感じる。

既に週休3日制を導入した企業からは「実際の利用は限られる」「管理職による後押しや、一時的に給与が減ってもスキル向上に役立つという成功事例の共有が必要だ」という様な、なかなか思い通りにはいかないことを示唆する声もあり。

塩野義製薬は、コロナ過、新型コロナ向けのワクチンや飲み薬の開発等がニュースとなり、社会問題に対する貢献度や期待値が高い会社でもあると思われることから「働き方改革」においてもリーディングカンパニーとなることを期待したい。

一方で、この「学び直しは一体誰の為であるのか?

変化の大きな時代」にサラリーマンは自分の将来を見据えよく考えることが、目の前にある機会を掴めるか否かに関わってくるのでは?

唐突な発言⁈「定年45歳」は現経営者が共有する思いでは

9月半ばに大きな波紋を呼んだ「45歳定年制」の導入、サントリーホールディングス新浪剛史社長提言である。

一方、政府は、高齢者の就業の機会を確保するべく、60歳未満の定年を禁じ、65歳や70歳まで延ばすことを義務付けようとしているところもあり、国民が混乱するのも当然と考える。

簡単にはどちらいいとか悪いとか判断できない。

新浪社長の発言は、「日本の現経営者の声」を代弁しているとも捉えられる。経営者の立場に立てば、今まで日本社会ではあたり前の様に考えられていた、

  • 大学新卒の一括採用
  • 社員への社内教育の充実
  • 年功序列の給与アップ
  • 定年までの終身雇用
  • 定年時の多額の退職金

といった体制が近い将来「維持できなくなる状況」にあることを真剣に危惧していると考えられる。

また、政府の定年延長に関しては、高齢者の就業の機会を確保とは別に、単純に破綻の道を進む年金問題を先延ばしし、その解決先を企業側の努力や義務に置き換えようとしている感じも強い。

いずれも長い年月をかけて築き利用してきた制度(仕組みやシステム)であるにもかかわらず、時間をかけて少しずつ解決しようともせずに、当事者が耐えられなくなったから、国民で何とかしてくれと言っている様に聞こえるから(意図的か否かは不明)、理解や納得される前に炎上という現象が起こるのでは?

炎上することが、前向きに進むためのエネルギーになればいいかもしれないが概して単純にそうはならない。

新型コロナの問題でもそうであるが、緊急事態宣言する期間が単純に社会活動や人の行動を一方的に制限して感染者数が収めるだけを目的とし、その「期間」が必要となる適正な理由が説明されない。

本来であれば、例えば、今までと同じ生活に戻しても感染者が増加しない、こういう感染予防の仕組みを作るのに3週間の期間がかかるから、少し安全をみた4週間を緊急事態宣言とする、その間は国民の皆さんどうか我慢して欲しい、となるのを期待したい。

変化が大きな時代」であることは認識され、何か変えなければならない、といった思いは皆感じている。そんなタイミング(機会)だからこそ、今までと変わらぬ平時の様な曖昧な対応ではなく、時間をかけて作り上げた大きな仕組みを、時間をかけてでも適正に修正していく戦略をしっかり練って対応していくことを新政権には期待したい

まとめ

「学卒一括採用」「社内教育」「終身雇用」「年功序列」「多額の退職金」といった今まであたり前と考えていた前提が大きく崩れようとしている中、「働き方もそれに柔軟に対応するべく変えていかなければならない時代になってきた。

長い年月をかけ築き上げられた仕組みや制度を変えていくことは決して容易なことではない。だからといって問題を先延ばしにすることも得策にはならない。

十分な対話を重ね、十分な時間をかけ環境を整えていくために、いきなり100%を目指さずとも、今からできることをコツコツ進め、修正を掛けながら築き上げていくしかないと考える。新たに誕生した岸田新政権、およびコロナ禍において社会貢献に尽力している塩野義製薬等優良な企業の今後の活躍に期待したいところである。

しかしながら『新しい日常』を見通して最も大切なことは、多様性な社会が醸成され、個人の選択肢が増える中で、「会社等組織に依存し過ぎることなく、個人が自立していくこと」であると考える。

そのために改めて自分を良く知り、自分に合うものを見つけ出し、自分の好きや得意でスキルアップし「自分の強み」を創っていくこと、また、オンライン環境のSNSやブログを活かし、自分に合う考え方や価値観をもった人とつながること、この様な行動をとっていく事がとても大切であると考える。

行動し準備することが将来の「不安」を緩和することにつながるはずである。自分に何ができるか?何をすべきか?自分自身とよく向き合う時間を創り出していくことが、今、先ず大切なのでは?

塩野義、週休3日可能に 「学び直し」支援、副業も解禁

の記事に限らず、昨今、色々考えさせられるニュースは少なくない。その様な情報をキッカケに、自分で選択肢が増やせる行動がとれる様でありたいですね。

以上

 

最後までご覧頂きありがとうございます

↓ポチっとして頂けたらうれしいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

 

<関連情報へのリンク>

oyaji-note.com

www.wisdom-tolive-positively.com

www.wisdom-tolive-positively.com

www.wisdom-tolive-positively.com

www.wisdom-tolive-positively.com