『新しい日常』へのシンプルなアプローチ

変化の大きな時代、健在化する様々な問題に対して『新しい日常』につながるヒント(⁈)を共有します

『新しい日常』シンプルに活かす!16時間断食(Vol.2)【生活改善のヒント】

なんだか、ワクワクしてきました

2月度も概ね順調に体重を減らせました。たった2つのことをベースに多少ゆるくてもコツコツ実践するだけで、お金をかけることなく。実感できるまでに少し時間が掛かりましたが、自分の体重が減らせる様になれたと思うと素直に「う・れ・し・い」です。

正直はじめたばかりの時にはここまでうまくいくなんて半信半疑でした。

本記事は、前記事の “『新しい日常』シンプルに活かす!16時間断食(Vol.1)【生活改善のヒント】” に続く2022年度2月度の振り返りとなります。

結論は、結果が出てくると毎日がワクワクしてきます、です。

 

お時間あれば前記事(Vol.1)もご覧下さい。

www.wisdom-tolive-positively.com

 

―目次―

 

|自分の体重を振り返る(~2022年2月末まで)

f:id:zuoji319:20220313152856p:plain

体重増減の振り返り(2月度)

4ヶ月目(2022年2月)、順調に推移

ちょっとルーズな「16時間断食(1日2食)」と少し早足の「散歩」、基本的にはこの2つをコツコツ続けることで順調に体重が減ってきました。

【結果】:6.4kg減(2021年11月1日比、2022年2月末時点)

外観的にもお腹まわりの脂肪が少し減ってきた感じがします。ただ見た感じ、まだまだ痩せる余地あり。引き続きコツコツ地道に成果を積み上げたいと思います。

チェックポイントとする目標値に対して

少し気が早いですが、いよいよStep2の79kg(9.4kg減)の達成がロックオンされた感じです。3月中に達成できるかな⁈

<ステップと目標値>

  • Step1:85kg( 3.4kg減)※2022年1月末で達成
  • Step2:79kg( 9.4kg減)※ポイントとしては過去十数年のボックス圏を抜けられるか?
  • Step3:72kg(16.4kg減)※四半世紀前の体重に戻ることを想定(若返り)

|続けるためのコツ(その2)

すこし時間管理が緩いところもありますが、2021年11月から「16時間断食」を活用し、1日2食をベースにして早4ヶ月。絶対的に食べる量が減ることもあり、時々口が寂しくなります。それを紛らすために頼りになる、小生の「16時間断食」を支えるモノたちを紹介します。

f:id:zuoji319:20220313153726p:plain

小生の『16時間断食』を支えるモノたち

ナッツ

アーモンドやクルミも食べますが、圧倒的にカシューナッツが好きです。基本、食塩や植物油を使用していない、素焼きのものを選んでいます。

前回の記事で紹介した書籍「空腹こそ最強のクスリ」の中でも、ナッツは断食時間帯でも食べてもよいとされています。

ボリボリ噛んでよく咀嚼することでセロトニンを活性化するのにもいいのではと勝手に思っています。

高カカオチョコレート(カカオ成分70%以上)

図解眠れなくなるほど面白い「内臓脂肪の話」栗原毅監修の中で「高カカオチョコレートが内臓脂肪を減らす」と言及されています。

難しいことは分かりませんが、カカオポリフェノールが脂肪を燃焼させやすくするみたいですね。1日25g、5gずつ5回に分けて摂取するのがいいとのこと。

そこで登場するのが、明治のチョコレート効果「CACAO72%」

個包装になっていますが記憶に間違いがなければ個包装1袋が5g、一日これを5個食べるのがいい様です。小生も始めは、1回目の食事から2回目の食事の間に5個食べる、みたいな意識もしてみましたが面倒になったので今は食べたい時に食べています^^;

始めて高カカオチョコレートを口にする方にとって、「CACAO72%」は少し苦いと感じるかも知れません。その様な方が食べやすくするためのとっておきの方法があります。

ここで登場するのが、明治のチョコレート効果「CACAO86%」

まずこれを食べてみて下さい。とても苦いです。その後「CACAO72%」を食べると、不思議なことに甘く感じます(あたり前⁈)。

コカ・コーラ(ゼロシュガー)

飲み物は朝のコーヒーと終日緑茶をベースに飲んでいますが、時々どうしても飲みたくなるのがシュワっとして甘みを感じる飲み物。コカ・コーラ(ゼロシュガー)を選びました(上記の写真は2Lのボトルですが、キャップを開けるとガスが抜けていくのでスーパーで700mL位の小さなボトルで購入するのがオススメです)。

カロリーが0と表記されている飲み物をいろいろ飲みましたが、自分にはこれが一番でした。ほのかな甘みと炭酸ガスがお腹にたまる感じもあり、色々な意味で重宝しています。

ふと、普通のコカ・コーラはどんな味だったか気になり味を比べてみましたが、小生の舌ではあまり違いが分からず。ゼロシュガーの方が後味がスッキリしている感じがしていて、今では体重を減らす目的がなくともゼロシュガーがいいと思っています。

コカ・コーラが健康にいいかは別として、コカ・コーラ ゼロシュガーであれば「体重を増やす影響は無い」と判断しています。

あめ(ノンシュガー)

あめに関しても、一応カロリーが少ないもの、という点に気を付け選んでいます。

【番外】スッパイマン

体重を減らすのとはあまり関係ありませんが、口の中がもったり(表現としてイマイチうまく説明できてませんが)」した時には「スッパイマン」がオススメです。ちょっと外観的に抵抗がある感じもしますが、ひとたび口に含むと、梅干しの爽やかな酸っぱさが広がり、舌の上や口の中が一気にスッキリするのでお気に入りです。

|まとめ

結果が出てくると毎日がワクワクしてきます

今では毎日体重計にのるのが楽しみになってきました。多少の変動はあっても概ね体重が減っていく「痩せる状態」を維持できているからです。

11月、12月のうまくいっていない時期に、体重を減らすためのシンプルな原理やメカニズムを信じることをあきらめ ”さじを投げる” ことなく続けて良かったです。

おそらく今の感じであれば、食事の量をもっと減らしたり、運動量を増したりすることでより一層

「消費・代謝(運動量・筋肉量等)」>「摂取量(糖質・カロリー等)」

 となり、より早く体重を減少させることができると思います。

ただし、最終的な目標は “摂取と消費のバランスをコントロールしながら、適正値まで体重を減らし、その状態を維持管理していくこと

「急いで体重を減らすこと」よりも、自分が「やせる状態」をよく認知し、時間を掛け色々試しながら、自分が極力無理のない範囲で維持できる "さじ加減” を深堀りしておくことが大事と考えています。

新しい日常』、自分に合った形で「16時間断食」をうまく活用し、盤石な体重コントロール体制を楽しみながら築いていきたいと思います^^

以上

 

リバウンド無き事を祈りながら・・・Vol3に続く⁈

 

最後までご覧頂きありがとうございます

↓ポチっとして頂けたらうれしいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

 

<関連情報へのリンク>

www.wisdom-tolive-positively.com

www.wisdom-tolive-positively.com

www.wisdom-tolive-positively.com

www.wisdom-tolive-positively.com