『新しい日常』に向け 問題解決を図っていく、シンプルなアプローチ

コロナウィルスを機に日々の生活に様々な「問題」が顕在化してます。うまく解決していくための一歩を踏み出すシンプルなアプローチを共有します。

『新しい日常』中国のスピード感に学ぶ

初めての魚を食べる時に、

中国人は、いきなりかぶりつく。まずければすぐにペッっと吐き出す。

日本人は、皮をはいで、骨を取り除き、身をほぐして、そして初めて口にする。

 

ビジネス世界で日本人が中国人よりもスピード感がないことを表現する時によく使われる例え話である。

 

実際には国民性というより、個人の差であると考えるが、仕事ができる人の特徴としては「行動」に起こすのがはや

 

最近の日本の若い事業家を見ていても、第一線で成功している人はとにかく行動するのがはやい、そんな印象がある。

 

よって、上述のたとえ話は、ビジネスで成功している行動を起こすのがはやい人(中国人)が、一般的なサラリーマン(日本人)を見て言っている、そんな話ではなかろうか?

 

とは言いながらも、中国における新しいビジネス展開は早い。

特に最近では、ドローンやAIといった最新のテクノロジーの実用化においても急速に進んでいる(進めている)様である。

 

f:id:zuoji319:20210107183422j:plain

学ぶべき!中国のスピード感

 

朝のニュース番組、モーニングサテライトで、中国の最先端のテクノロジーを紹介する中国Techというシリーズがある。

 

昨年2020年12月9日に放送された特集、

“中国TechNo.7「コロナで進化ドローン物流」”

では、もはや中国がドローン大国である、といっても過言ではない様な内容が報道された。

 

それによると

・中国でドローンが物流インフラとして確立され始めている。

 

・マンションが立ち並ぶ一角にはドローン配送のポイントが設置されている。

 

スマホで飲み物や食べ物を注文、電子決済すると、道なき空を飛んでくるドローン、車で20分間の距離を6分半で配達できるという。

 

・受取時にはスマートフォンに表示されたQRコードで照合する。

 

・ドローンは、リモコンによる遠隔操作で操縦されているのではなく、積載されたAIと複数のカメラセンサにより自律飛行する。

 

・故障等、万が一に備えパラシュートも搭載しており、安全性にも配慮がある。

 

・開発したのは、Antwork(アントワーク)。これまで、過疎地の郵便や出前配送に取り組んできたという。

 

この様に実用化がはやく進むのには、以下の2つのポイントがある、

  • 最新のテクノロジーを簡単な作業ベースに落とし込んでいること。

今回のドローンは、リモコンでの遠隔操作という難しい操縦技術は不要。AIを搭載した、自律飛行型ドローンである。人手がかかるのはバッテリー交換と出発時の電話連絡程度である。

  • 社会全体(政府や民間)が新しい事をすることに寛容であること。

中国では、未成熟な技術であっても、社会実証の過程で育てていこうという風潮があるという。

 

社会の中で速やかに実証実験に進めること自体も素晴らしいことであるが、重要なポイントはこれからである。

 

・同社は、上記の実績をベースに、今や医療分野へ進出しているということである。

 

・設備が乏しい村の診療所から都市部の病院へ血液の輸送に活用しているという。

 

・検査機関がある都市部の病院では、詳しい検査ができるとともに、その日の内に結果もわかる様になり、既に30の医療機関で導入しているという。

 

普及が加速したきっかけは新型コロナウィルス

 

・中国で感染が拡大した時に、PCR検査の検体輸送に名乗りを上げ医療機関を支援、安全へ要求が厳しい医療現場で実績を上げてきたという。

 

・同社は、もともと医療現場への進出は、社内の全体戦略の一環であること、医療現場での厳しい要求を満たせれば、そこから学べ、普通の物資配送で応用が効くという。

 

つまり、

  • 社会での実証実験を早くから進めていた行動力(準備)が、
  • 新型コロナを機に医療機関への参入につながった

  ※事前立てた戦略の実現につなげた。

  • 医療現場での厳しい要求に応えることは、更なる技術の発展に活かせる

この様に「スピード」が、そのテクノロジー進歩/発展における正のスパイラルの原動力となっている。

 

日本では、全体最適よりも、細かいリスクという不確定要素ばかりに目がいきがちであり、確かに前に進むのが遅い傾向がある、というのは否めない。

 

一生懸命、身を傷めない様に時間を掛けながら、丁寧に皮を剥ぎ取り、精密なピンセットを用いて、顕微鏡で覗きながら、一本一本、小骨までを取り除き、食べやすいサイズに身をほぐし、そこから尚、醤油がいいかな、塩がいいかなと考え抜いている。

 

そんなことしている間に、中国では、一口かぶりつき「まずっ」と吐き出し、次の新しい魚に注目しているかも知れない。

 

バイクで運べば、時間は多少かかっても100円そこそこで済む飲み物の配達に400円かかるドローン、もともとそこに勝機はない。

 

大きなビジョンや戦略を立て、適正なリスクを取り、必要な投資をして、機を逃さない様に「スピード感」をもって行動し備える。

ここには「新しい日常」を創り上げていく上で、学ぶべきことが多いと考える。

 

以上