『新しい日常』へのシンプルなアプローチ

変化の大きな時代、健在化する様々な問題に対して『新しい日常』につながるヒントになりそうなことを共有していきます。

『新しい日常』文章を書くこころ、スキルとして身につけるべし【個の時代】

「文章はシンプルに」

 

“「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。藤𠮷豊 / 小川真理子 文道(日経PB)”

という書籍の中のランキングで堂々1位に輝いた、文章のプロ「共通のノウハウ」である。

 

この本は、小生のブログのメンターである“YouTubeチャンネル「ウェブ職TV/なかじ」”のなかじさんも絶賛している。

 

文章に関する著名な書籍100冊を、著者が丹念に読み込み、ランキングした40位までの「文章のノウハウ」が順番に解説されている。

 

本を読むのが苦手な人でも「大事なことから順次効率よく学べる」という点で素晴らしい仕組みともいえる。

 

小生がこの本を読んで思ったのは、40位までのノウハウの中に「文章はシンプルに」に関わる内容が多くあること。

 

そこで「文章はシンプルに」という“プロが大切と考える一番のノウハウ”に集約する形で、シンプルに整理できないか試みた。

 

 

―目次―

|『個の時代』で必要とされる「文章を書くスキル」

|「100冊+2冊=102冊」も、本質は変わらず

|「文章はシンプルに」にノウハウを集約する、という試み

|まとめ(『個の時代』に必要な文章を書くこころ)

|【追伸】『個の時代』のメンターとは

 

 

|『個の時代』で必要とされる「文章を書くスキル」

さて、小生はこれからの時代は『個の時代』になると考える。

 

個人のスキルや能力を活かす時代である。

この時代において「文章を書くスキル」は大切である。

 

一般的にいえば、手紙やメールを書く、また、仕事などにおいて報告書や打ち合わせ等で議事録を書く。

 

小生が「文章を書くスキルが大切である」と考える理由は次の2つ。

 

一つ目は、人は忘れる生き物である。

大事なこと(情報)は忘れる前に書き留める(記録しておく)のがよい。

書き留めることによって、その大事なこと(情報)をただ忘れないだけでなく、それをベースにより高度なこと(情報)に昇華するかもしれない。

過去に、書き留めることをしないがために、いざ必要となった時に思い出すまでに時間が掛かる、場合によっては二度と思い出せないといった、ロス(損失)を経験してきた。

これは忘れたのが悪いのではなく、書き留めなかったのが問題であったと考える。

 

二つ目は、『個の時代』で生きていくためには、価値観の合う仲間とつながるべきである。

間違っても孤立してはいけない。

そのために、オンライン上のSNSやブログ、WEBサイトでの「自己発信」が大切となる。

 

上述の2つの理由では、いずれも、文章を書く必要がある。

「のちの自分を含めた読者」が正しく理解できる様、わかりやすく書いてあげるのが親切である。

 

|「100冊+2冊=102冊」も、本質は変わらず

“「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。藤𠮷豊 / 小川真理子 文道(日経PB)”

の文末にある100冊の書籍リストを確認したところ

知っているのは5冊程度だけであった。

 

逆に、そのリストに含まれていないが知っている(気に入っている)本が2冊。

 

f:id:zuoji319:20210216065831j:plain

文章に関する書籍の紹介

 

101冊目

「文章を書くこころ」外山滋比古著(PHP文庫)

学生の頃(四半世紀程前)に購入した本である。

最近ブログを書く様になって見直しているが、面白い。

 

外山滋比古さんといえば「思考の整理学」で有名である。

100冊の中には、「思考の整理学」と「知的文章術 誰も教えてくれない心をつかむ書き方」の2冊が含まれていた。

ゆえに省かれたのだろうか?

 

外山滋比古さんの文章は知的なユーモアがあり、構成がしっかりしているので、いずれも読むことが「文章の学び」になる。

 

102冊目

「新しい文章力の教室」唐木元著(impress)

これは最近手にした本であるが、記事を書く仕事をする会社での社内教育ノウハウというだけあり、丁寧でとてもわかりやすかった。

 

ここで重要なことに気がついた。

この2冊を加えても「文章のプロに共通するノウハウ」はほぼ変わりない。

 

ゆえに

“「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。藤𠮷豊 / 小川真理子 文道(日経PB)”

の本の成果が改めて実感できる。

 

|「文章はシンプルに」にノウハウを集約、という試み

 

目的は、先にも述べたが「文章はシンプルに」という“文章のプロが大切と考える一番のノウハウ”に他の関連ノウハウを集約しシンプルにまとめることである。

 

文章を書いた後「推敲」をする時に、気になったポイント(読みにくい、読んでつまずく、何かしっくりこない)を改善するための「ガイド」として役に立つこと、を期待している。

 

こんな形で整理を試みた。

まずエクセルを用いて、図の様な表をこしらえた。

 

f:id:zuoji319:20210216070307j:plain

ランキングされたノウハウの整理

 

左側にランキング項目を並べる(1~40位)

ランキング項目を分類する視点を上側に並べる

 

ここでは

シンプル(共通する軸)

伝えたい(筆者の思い)

読みたい(読者の思い)

読み易い(読者への思い)

書く準備(筆者の心構え)

の5つに分類した。

分類の割り振り作業においては、小生の感覚である。

 

そして、分類されたものから「シンプル群」として整理してみたのがこの図である。

 

f:id:zuoji319:20210216070453j:plain

「文章を書くこころ」にシンプル群

 

何か文章を書く機会があって「推敲」する段階で、活用される様であれば幸いである。

 

|まとめ(『個の時代』に必要な文章を書くこころ)

こんな内容を紹介しておいてなんだが、文章を書く機会があるときには、肩ひじ張らずに楽しんで書いて欲しい

 

ただ、これからの『個の時代』の中で、SNSやブログ、WEBサイトで自己発信をしていく上で、自分と合う価値観や考え方をもった人に伝わる様にする、一つの手段が「文章をシンプルに」することである、と考える。

 

f:id:zuoji319:20210216071408j:plain

 

「文章をシンプルに」すると伴に、「人に伝えたい」、「読者が読みたい」、「読者が読みやすい(わかりやすい)」、その為に「心構えを学びたい」、と思う気持ちが沸けば、それ「文章を書くこ」である。

 

少し意識してスキルアップすることが『個の時代』で生きていく上で大きく役立つ時が来ると考える。

 

その時までにこれがメンターとなれば幸いである。

 

【注意】:もともと「高校生の娘に宛てたブログ記事」です。言葉づかいを編集しておりますが、一部表現に不自然な箇所があるかもしれません、ご了承願います。

 

|【追伸】『個の時代』のメンターとは

本文にも記している「メンター」とは、一般的には、あるニーズに合わせた人の育成にあたり「指導」や「助言」をしてくれる人のことである。

 

『個の時代』で重要なことは、小生は「YouTubeチャンネル」をメンターにしていることである。

 

例えば、なかじさんではなく、なかじさんが作った「ウェブ職TV/なかじ」というYouTubeチャンネルが、ブログに関する小生のメンターである。

 

今は良質な情報が無料で入手でき、学べる時代である。

まずこれを活用しない手はない。

 

自ら学ぶ姿勢があり、行動力があれば、時間が足りないくらいの学びの場があることを意識して欲しい。

 

唯一ケアする必要があるとしたら、

「自分に合う、自分に必要なメンター(情報)」

をどう見つけるかである。

 

案ずることなかれ、SNSでうまく価値観のつながりができれば、自然と答えは見えてくるはずである。

 

ゆえに、SNSやブログ、WEBサイトを活用し、自己発信し、価値観の合う仲間と、良好なコミュニティをつくっていくことは、大切なことである。

 

以上