『新しい日常』へのシンプルなアプローチ

変化の大きな時代、健在化する様々な問題に対して『新しい日常』につながるヒントになりそうなことを共有していきます。

『新しい日常』問題解決:大きな方向性(ベクトル)を見出し、未来の自分への準備をする

以前「未来のあるべき姿から考える」の記事を書いた時に「バックキャスト」の話をした。

将来のあるべき(なりたい)姿をイメージしそこにいるキラキラした自分の姿から、客観的に現在の自分を見た時に、不足しているものは何かを抽出し、課題として実行計画をたてる、といった話である。

 自分で将来のあるべき姿がイメージできていればよいが、コロナ禍の様に、先が見えない不安定な社会情勢で混沌としている時には、なかなかイメージできないという人も多いでだろう。

 そこで、最近自分でも試みているが「少なくともどういう方向性(ベクトル)に進むべきか」を整理することを提案したい。

やり方としては、先ず自分を取り巻く環境や日々耳に入ってくるニュース等の情報から、気になる言葉(情報)を書き出すことである。とにかく思いついた言葉(情報)を一つのキャンバスに書き出すことである。あまりピンとこないがどうしようか、といったモノも悩むくらいならとりあえず書き留めておき、不要であれば後で削除すればよい。

次に、書き出した全ての言葉(情報)をカテゴリ化した時に、どういった内容でくくられるかを考える。そのカテゴリ化された内容が、大きな方向性(ベクトル)を示すキーワードとなる。

小生の場合は、将来の「新しい日常」を一つのテーマとしトライしてみた。

 

f:id:zuoji319:20200917113245p:plain

 

f:id:zuoji319:20200917113315p:plain

 

昔は、パワポやエクセルに言葉を書き出していたが、カテゴリ化する時に移動や並べ替えをすることを考えると、先日紹介したマインドマップアプリ(マインドマイスター)の様なものが作業をする上では便利である。

また、以下のユーチューブ動画でも同様の内容を紹介しているので、併せてみて頂きたい。

 

youtu.be

 

自分が将来に関わる方向性(ベクトル)は、人によって異なるのは自然である。

自分がどんな方向性(ベクトル)に向かうべきであるか? 自分の取り巻く環境や日々耳にするニュースで、気になる言葉(情報)を寄せ集め、抽出してみて欲しい。

その方向性(ベクトル)において、起こりうる“変化”を見通し、その”変化”の準備をすることが、未来の自分への投資の一つになりうる。

一度これを整理しておけば、「新しく得た情報」が、この方向性(ベクトル)と合っているか確認をするためのベースになる。合っていれば、その方向性(ベクトル)はよりはっきりしたモノになってくる。

また仮に「新しく得た情報」から、少し違和感を覚えれば、その違和感を解消するべく修正を加え、より自分にフィットする方向性(ベクトル)にしていけばよい。

全世界が同時に直面し苦慮しているコロナ禍の大きな変化の中、足元の課題も多く大変ではあるが、大きな変化であるからこそ、「長期的な視点で先を見通した動きをとる(方法は問わない)」ことが、未来の自分にとって大切であると考える。

 

以上