『新しい日常』に向け 問題解決を図っていく、シンプルなアプローチ

コロナウィルスを機に日々の生活に様々な「問題」が顕在化してます。うまく解決していくための一歩を踏み出すシンプルなアプローチを共有します。

『新しい日常』街の風景も変わる⁈業界の垣根を超えた店舗シフト

最近のニュースを見てこんな動きが気になった。

銀行のATMがパン屋や唐揚げ屋になり、外食チェーン店がスポーツジムになる。

 

f:id:zuoji319:20201222122155j:plain

業界の垣根を超えた店舗シフトの動き

 

必ずしも新型コロナがきっかけではないが、それでも新型コロナによって、“キャッシュ(現金)は指先へのウィルス転写につながる心配“や”世界の先進国の中で明らかに遅れていることが顕在化したデジタル化を推進する“ためにも、加速されつつあるキャッシュレス化

 

少し前の話題となった”新札って本当に必要なのだろうか?”という心配をよそに、交通機関SUICAPASUMOに加え、ペイペイといったQRコード決済も普及しつつあり、ATMを利用する頻度が低下している様である。

 

銀行としては、設置における管理維持費も掛かることから減らす動きの中、飲食店によるATM活用がニュースになっている。

 

ATM設置のスペースは5坪程度であるが、駅前や銀行前等人通りがよい場所に設置されていることから、流行りの高級食パンや唐揚げ、インスタ映えしそうなデザート等の専門店へのシフトしているとのこと。

また営業が不安定な外食産業等のテイクアウトシフトの流れから、販売拠点(製造はもっと安い場所で実施)としての需要がある様である。

 

また、新型コロナにより外出自粛や営業時間短縮要請で営業が不安定となり客足が遠のく外食チェーンでは、2021~2022年にかけて閉店ラッシュが展開されていく予定である。

 

youtu.be

 

その空き店舗をスポーツジムが狙っているという。

そもそも大手の外食チェーンが店舗をだすところは、大手ならではの緻密な調査をした結果に基づいており、駅前でもロードサイドでも集客の目処が立ちやすい。

その上、飲食店では調理場や食器洗い場等、水場や換気設備が整っていることもあり、スポーツジムに必要なシャワールームやトイレを設置するのに都合がよく、初期コストを抑えられるという。

 

この様に『新しい日常』に向け様々な業界がその垣根を越えて動いている

また、これから益々こういった動きは出てくると考えられる。そして街の風景も少しずつ変わってくるかもしれない。

 

月並みかもしれないが、

広い視野、広くアンテナを張って、ニュースや周りからの情報をキャッチしていく、そして変化や動きをタイムリーに捉え、柔軟に対応していくこと

が「新しい日常」を切り開くために必要なことであると考える。

 

以上

『新しい日常』問題解決:世界の頭脳を活用する

今朝のニュース(2020.12.21モーニングサテライト)にて、

17日 米国ワシントン大学

新型コロナにおける死者数の最新予測結果

を発表したとあった。その結果によると、

来春、日本では死者数が17倍に拡大するという。

 

 12/20現在、2873人(厚労省発表)

 ⇒ 2021年4月1日、48,565人、ワシントン大学予測

 

ワシントン大学の科学者曰く、予測モデルでは、

『マスクの着用率』『季節性』『人の移動量』

を重要視しているとのこと。

 

日本ではマスクの着用率は高いが、

人の移動量においては15%ダウン程度で推移しており、

感染拡大リスクが高い状態であると言う。

 

f:id:zuoji319:20201221111602j:plain

米国ワシントン大学予測

政府の感染拡大における対策においては、

こういったデータをうまく活用しアプローチする

ことが望ましいと考える。理由は3つ。 

 

1つ目、目標値になる。

先日、勝負の3週間と言って逆に過去最高の感染者数を

出ししてしまった政府の対応に国民は幻滅したが、

何もしていないことは仮に置いておいたとしても、そもそも

何もしなければ、××の状態になる、だから〇〇する

みたいなものが事前にないので、

結果に対して正しい反省ができない。もしかしたら

「もっと悪化していたかもしれない、

これぐらいに押さえられたのだから、効果はあった」

が正しい評価かもしれない。

 

それでも一応世界の権威ある大学の科学者が出している

予測をベースにすれば、それを一つの軸として、

「絶対にこうしない、17倍どころか、半減に押さえる」

と目標をたて、対策に取り組む方がよいと考える

 

2つ目、仮説検証のデータとなる

それでも一応世界の権威ある大学の科学者が

予測のために重要視しているパラメータがあるのだから、

これらがどう変動すると仮説を立てているかを理解し、

それに対してどう対策を取っていくか?

この様な組み立てをしていき、

そして結果としてどうなったのか、

何が仮説通りとなって、何が仮説から外れたのか、

それら要因は何だったのか?

こういったアプローチにより、

次回の仮説の精度があがることが期待できる様になる。

 

3つ目、自国の政府や自治体、医師会の信頼性を増す機会になる

それでも一応世界の権威ある大学の科学者とはいえ、

ある仮説を立ててシミュレーションをしているだけである。

それだけを鵜呑みに信じ、

それ以外をしないというのではリスクが残る。

現場、現物、現象、現状といったより実際の状況を把握し、

様々なデータで押さえているのは

やはり自国のリーダー(トップの組織)であると信じたい。

それらのデータを最大限に活かし、

それでも一応世界の権威ある大学の科学者、と言っても、

他国の科学者に負けない、

解決策と行動力で国全体を安全/安心に導いてくれる

信頼できるリーダーのいる国であると信じたい。

 

この予測に対しては、来年4月1日には答えが出る。

なにはともあれ、スピード感が大切である。

 

以上

『新しい日常』問題解決:「サブスクリプション」を創造/活用する

先日、日本サブスクリプションビジネス大賞2020の表彰式が開催されました。

 

一般社団法人日本サブスクリプションビジネス振興会なるところが、サブスクリプションビジネスの更なる活性化を目指すことを目的とし、『お得』『お悩み解決』『便利』の3要素を持つ優れたサブスクサービスを表彰するイベントです。

 

第二回目である今年は、最高賞であるグランプリに、保育園で使用するおむつの月額定額サービス「手ぶら登園」を運営するBABY JOBが受賞しました。

※以下、YouTube動画もご参照下さい。 

 

youtu.be

 

サブスクリプション、いわゆる「サブスク」は、“音楽や映画配信等において毎月定額制で見放題でお得である”といったイメージで認知されているかも知れないが、最近ではいろいろなビジネスにこのサブスクが展開されています。

 

サブスクリプションであるSubscriptionを辞書で調べると、意味としては“寄付(申し込み)、寄付金、予約購読、予約出版、予約(代)金、(クラブなどの)会費、同意、賛成、著名”といった意味が出てくる。

 

新型コロナウィルスを機に、世の中が急速に変化し始めている今、この「サブスク」は、お店を運営する人にとっても、それを利用する人にとっても、これから築く「新しい日常」に必要不可欠な存在になってくると考えます。

 

そこで、お店側にとっては、これがこれからのビジネスをうまく発展させていくために、利用するお客側にとってはうまく活用していくために、「サブスク」に関して、ベースで押さえておくべきポイント(視点)を4つ共有したいと思います。

 

自分もまだまだ勉強中の身であるが、これらのポイント(視点)を共有することで皆さんの「新しい日常」における問題解決を図るアプローチのヒントになればうれしいです。

 

f:id:zuoji319:20201215103658j:plain

サブスクリプション4つのポイント

 

一つ目:「社会問題解決に貢献する商品やサービス」であること。

サブスクは、これからの世の中で広く普及していくべきビジネス形態であることから、やはり社会問題解決に貢献するべき商品やサービスであればいいなと思います。

 

世の中の「不都合」を解決する、という大きなビジョンのもと、お客も、企業も、社会も、トリプルでハッピーになる商品やサービスであり、そこには感動愛着信頼共感といった感情に響くストーリーや人が共にあるべきです。

逆に言うと、それらが無ければ、持続可能なビジネスに発展しないと考えます。

 

?そのためどうする?

⇒商品、サービスの内容自体も重要であるが、SNS等を活用し共感する人が集まるコミュニティーを形成する、そのスキルを身につけることが大切であると考えます。

 

二つ目:「定(低)額化が未来の収益/体制の安定化」につながること

サブスクに参加されたお客の購買及び利用(行動)データを分析することで、未来の収益がどのように推移するか予測でき、それに伴い、投資判断や人/モノ/金の適切な準備が可能となる。

 

これが整えば、急にお客が増えて対応しきれず、システムが追い付かない、人が不足する等の事態が回避できる様になるはずです。

 

?そのためどうする?

⇒サブスクのビジネスモデルを設計する段階で、どの様なデータをとり、モニタリングし、どう分析して活用していくかを事前に準備していくことが大切であると考えます。

 

3つめ:「データ活用で商品/サービスを改善」できること

「一度に高額それきり購入なし」ではなく、継続的にリーズナブルな商品やサービスを提供し続けられることで、お客の行動を長期的な視点となるデータとして蓄積し、モニタリングすることが可能となります。

 

そしてその目的は 「商品やサービスを常に改善していくため」 であることが大切な視点と考えます。

 

一つ目でも言及している通り、商品やサービスまたストーリーや人が「どうあるべきか」は顧客を維持する上で大切な要素となります。

 

?そのためどうする?

⇒顧客の行動データをきちんとみて、商品やサービス、ストーリーや人を柔軟に変えていき、よりいい商品、よりよいサービスを提供していく、という意識をもち、速やかに行動に移せる体制をとることが大切であると考えます。

 

4つ目:「入口/出口ハードル低く設定」されていること

いい商品やサービスでも、出会えなければ価値は生まれません。そこで、サブスクにおける入口のハードルは思いっきり下げまずは品やサービスを体験してもらい、感動/愛着/信頼を感じてもらうことが大切と考えます。

 

入口のハードルの下げ方に関しては、1ヶ月無料、使い放題、3回まではサービス等、普段の生活の中にヒントはたくさん隠れていると考えます。

 

また、出口ハードルが低いとは、WEBサイトで解約ボタンがわかりやすいところに設置されている、解約の手順がシンプルである、違約金がなく速やかにやめられる(速やかに始められる)、最近では一時的に停止期間が設けられる等いろいろな形があると思います。

 

出口のハードルが低いと、顧客の維持が難しくなると考えるよりも、いい商品/サービス/ストーリー/ヒ人がそこにあれば、ファン(リピーター)として残るはずと考え、1つ目や3つ目のポイントにもある様に改善していくことに注力することが大切であると考えます。

 

仮に、退会や解約がされたとしても、その理由が得られる様にしておけば、それが改善への貴重なデータになる。

 

退会や解約が、簡単でわかりやすければ、利用する人も、入口での心理的不安解消され、体験を試すきっかけを増やすことにつながると考えます。

 

お客として利用する人にとっては、

退会や解約、停止しやすいかWebサイトのQ&A等で良く見極めることが、商品やサービスの良さを見極める一つの手段になると思います。

入口で高い契約金や頭金があるとか、出口で解約したい時に解約ができない仕組みになっている、ウェブでしか対応していないけどWEBサイトのどこを探しても、辿り着かない様なものはリスク高いと考えた方がよいです。

また、時間は有限であるため、商品やサービスが良いからと言って、明らかにコストパフォーマンスを落とす様な闇雲にサービス利用(登録)は避け、計画的に利用するのが望ましいと考えます(お金の垂れ流しになるリスク)。

映画等の動画配信大手のネットフリックスは、しばらく利用してないことを認知すると登録を維持するか否かの問い合わせメールを配信してくる様であり、良心的である企業を見抜くことで安心が得られると考えます。

 

良質な商品やサービスがあるサブスクを作り、またそんなサブスクに出会い「新しい日常」がよりよい日常に変わっていくことを、今後のまだ見ぬサブスクに期待したいです。

 

以上

【You Tube Attention】『未来の自分』を変える 実行計画を立てる時のコツ You Tube版をリリース

いつもブログをご覧頂きあいがとうございます。

 

【問題解決のアプローチ】に関して、

よりわかりやすくを目指し、

You Tube チャンネルを開設しました。

 

本ブログで以前投稿しました、

『新しい日常』問題解決:未来のあるべき姿から考える

に関してYou Tube版をリリースしましたのでお知らせします。

 

コロナウィルスをきっかけとした、

大きな変化の中再認識されている

「個人の時代」を生き抜くために

「未来の自分」を変えるという視点で

実行計画を立てる時に

「これだけは押さえておきたい」

というポイントを4つに絞り

紹介しております。

 

ご視聴頂けたら、うれしいです。

 

youtu.be


以上

【You Tube Attention】『なぜなぜ01/なぜなぜ02/なぜなぜ03』You Tube版をリリース

いつもブログをご覧頂きあいがとうございます。

 

【問題解決のアプローチ】に関して、

よりわかりやすくを目指し、

You Tube チャンネルを開設しました。

 

また本ブログでも幾度か共有してきた、

『なぜなぜ』

に関してYou Tube版をリリースしております。

 

ご視聴頂けたら、うれしいです。

 

youtu.be

【問題解決アプローチ】なぜなぜ01:はじめの一歩 -個人が輝く時代、自分の強みづくり(スキル/能力)-

 

youtu.be

【問題解決アプローチ】なぜなぜ02:複雑で難しい問題にもトライで  スキルアップ(仮説編) -現象:感染拡大-

 

www.youtube.com

【問題解決アプローチ】なぜなぜ03:なぜなぜの面白みを  味わいましょう(検証編) -現象:感染拡大-

 

youtube.com

 

以上

 

【You Tube Attention】『PDCA』をまわすコツ、それが『G-CAPD』

いつもブログをご覧頂きあいがとうございます。

 

【問題解決のアプローチ】に関して、

よりわかりやすくを目指し、

You Tube チャンネルを開設しました。

 

また本ブログでも紹介した、

『新しい日常』問題解決;PDCAをまわすコツ

You Tube版をリリースしております。

 

ご視聴頂けたら、うれしいです。

 

youtu.be

 

youtube.com

 

 

【New Normal】 Introduce You Tube channel on New Normal in Japan

Hello, Thank you coming this blog.
Recently, I started to make a YouTube channel, as the URL below,

 

youtube.com

I share the New Normal series on the topic in English.

In this series, while reviewing the spread of infection in Japan,
towards the New Normal, I'm proposing opinions on how we should act.
Introducing four major keywords on new normal, the mechanism of infection spread, 5 measures taken in Taiwan which is the most successful in preventing the spread of infection in the world, Japanese masks and new mask idea, the issues in restaurants be sloved, etc.

I think that all of them will give you hints on how to approach the issues that have been revealed by Coronavirus.

Please take a look onece time.

If you like the channel, please share it with your family and friends,
and please subscribe to the channel as well.

Thanks a lot!